おうまさん

SEのふりをしながら趣味をやる。

Canon EOS 1DXが故障した(ミラーアップ時に電源が落ちる)

f:id:umauma2011:20170422190556j:plain

1. はじめに

鎌倉の報国寺にて撮影を行おうとした際、シャッターボタンを押したところ突然電源が切れた。最後の撮影は約1ヶ月前で、落下、水没は一度もないため原因は自然故障である。

はじめは、露出の設定を間違えて10秒も露光してしまったかと思ったが、上面液晶の表記が消えているのである。また、電源をOFFにしてもミラーは上がったまま(以下、ミラーアップという)となって戻らない。

本記事では本機を故障と判断し、具体的な故障内容を述べ、実際にCanonサービスセンタにて修理見積もりをしていただいたので、内容を述べる。

また、1DXに限らず同じような事象が起きた方向けに情報共有を行う。

 

2. 故障内容

・シャッターボタンを押すとミラーアップ状態を維持したまま電源が切れる。

ミラーアップ撮影ボタンを押すとミラーアップした後に電源が切れる。

・電源が切れた後、カメラボディのスイッチをOFFにしても状態は変化しない。

・バッテリーの抜き差しを行い、ボディのスイッチをONにするとようやく、ミラーアップ状態が解除される。

 

3. 事前検討(見積もり)

事前にインターネットでこの故障内容について調査したところ、他のメーカだが同じような事象が発生しているという投稿を見掛けた。シャッターモータの不具合が原因ではないかという推測がされていた。

これらの情報を念頭に置きながら、更にサービスセンタに行く前にCanonの簡易故障診断にて修理金額を見積もった。

キヤノン:サポート | 簡易故障診断 | 現象選択

 f:id:umauma2011:20170721215746p:plain

購入してから1年以上経っているため、有償修理となる。従って、最終的な簡易見積金額は以下のようになった。

 

f:id:umauma2011:20170721220245p:plain

故障現象を見たところ、シャッター関連の不具合ではなく、電源に問題があることを確認した。

また、1DXの修理技術料金は、18,360円のため部品代は10,000円以下で済みそうであることを確認した。Canonの修理に際しては、自分で修理金額の限度を決定し、金額を超える場合には修理可否の判断を行うことが出来る。

この時点で、約3万程度出せば修理できるという準備をしておいた。

 

4. サービスセンタでの金額見積もり

実際にCanonサービスセンタへ行き、故障内容について説明を行った。その場で動作確認をしていただき、故障内容は再現された。

結果、故障原因としては電源供給部の「FP基盤」に異常が発生し、部品を取り替える必要があるとのことだった。事前検討で確認していた故障原因の「電源」と一致している部分もあり、部品代も6000円代ということで、目安金額とほぼ値は一致していた。

しかし、FP基盤で改善されない場合は、他の箇所(シャッタ、メイン基盤)の部品交換を行うかもしれないという回答が得られた。特に、1DXのメイン基盤交換の費用は高額で、ミドルクラスの一眼レフが買えてしまいそうな金額だった(技術料入れて6-7万?)。

最終的な金額については、修理が終了次第追記する予定である。

 

5. まとめ

今回は故障内容の情報共有を目的に、具体的な故障内容を述べ、事前検討及び実際に見積もりを行ってきた。

フラッグシップと位置付けられていたカメラでもあり、修理金額をケチる訳にもいかないので、当初予定していた金額を超えた場合でも最終的に修理を行う予定である。

修理金額含め、同じような故障が起きた方向けに少しでも参考になれば幸いである。

 

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS-1D X ボディ EOS1DX

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS-1D X ボディ EOS1DX

 

 

LUXMAN C-800fとSTAX SRM-727Aを導入

f:id:umauma2011:20170609165128p:plain

1.はじめに

SR-009を購入したため、コンデンサ側のシステムを構築することを目的にこれまで様々な記事で導入機器の検討を行ってきた。今回、最終的にSTAXSRM-727Aをボリュームパスとして運用し、音量調節をLUXMANのコントロールアンプであるC-800fで行うよう構成したので、選定理由と音質について述べる。

 

2.SRM-727Aの導入経緯

SRM-T8000とSRM-727Aでどちらを採用するか悩んでいたが、以下の2点のことを考慮した結果、SRM-727Aの採用に至った。

SRM-T8000の真空管はメンテナンスの頻度としては5-7年で良いものの、発熱と寿命の観点でかなり扱いに気を遣う。ダイナミック側のシステムでも電源を数時間つけっぱなしは普通だったため、コンデンサ側でも同じように扱いたい。

・「SRM-T8000」の価格と「SRM-727A+コントロールアンプ」は同等の価格。SR-009専用にSRM-T8000を導入するよりも、コントロールアンプを導入し音質向上を図りながら将来を見据えてパワーアンプ、スピーカ等用に拡張性をもたせておいた方が安心。

 

3.C-800fの導入経緯

コントロールアンプは予算的にAccuphaseのC-2420とLUXMANのC-800fとで選択を悩んでいた。

各メーカの音の特性を調査したところ、Accuphaseは正確さを主とし、大きな味付けはせず緻密な印象を受けた。対してLUXMANは音にメスを入れ、程良い派手さを交えた音作りをしている印象を受けた。個人的には曲に対して坦々とせず、飽きのないボリュームのある音を好みとしているため、どちらかというとLUXMANの方が合っていると思われる。

また、DAコンバータやヘッドホンアンプ等はLUXMANの製品を使っていることもあり、ある程度メーカーは統一してシステムの一貫性を出していきたいこともあった。正直Accuphaseの製品形態を一から全て把握することができず、個人的によく関わりのあるLUXMANの方が製品知識としてはあったため、フルバランスに対応したC-800fを選択することとなった。

 

4.現状のシステム

現システムを図に表すと以下のようになる。本記事で取り扱っているコンデンサ側のシステムは、図の右側である。DA-06でアナログ変換された信号をラインセレクタであるLS-X0iでダイナミック側のP-700uとコンデンサ側のC-800fに随時切り替えられるようにしている。

f:id:umauma2011:20170610032620p:plain

STAX SR-009

STAX SR-009

 
LUXMAN C-800f

LUXMAN C-800f

 
STAX ドライバーユニット SRM-727A

STAX ドライバーユニット SRM-727A

 

 

5.SRM-727AとC-800fを組み合わせた音質

SRM-727Aのボリュームパスを使用し、SRM-727AにC-800fを接続して音を聞いた感想を述べる。

結論から言うと、C-800fを介さずにSRM-727A単体で聞いた場合と比べて、音の広がりが格段に向上した。

SRM-727A単体の使用だと、「ダイナミック側のシステムで聞いた音の解像度が向上した音」が鳴りつつも直接音が耳に届く感じがあったため、ダイナミック側との大きな差別化が図れなかった。

しかし、C-800fとSRM-727Aを組み合わせた場合は、量販店の試聴時と同じように「最高の音質でどこから音が鳴っているのか分からない」状態となり、求めていた音質に辿り着いた。

具体的に言えば、ヘッドホンを装着しているのにも関わらず、音が頭の周りを包み込み、空間が支配されている印象を受ける。よく例えられるコンサートホールにいるような感覚である。

※余談だが、SRM-727Aとは別にC-800fにLUXMANのP-700uを接続し、ダイナミック側での音質向上も狙ってみた。P-700uにはボリュームパス機能はないため、C800fのボリュームとP-700uのボリュームを2段階で介す形となる。結果は「C-800fを介さない方が良い」ことが分かった。やはり、ボリュームを2回通すことによって音質は劣化している印象を受けた。ボリュームパス機能が無いヘッドホンアンプには、アナログの入力から出力まで単一のシステムとして機能を任せておいたほうが良いことを実感した。

 

6.まとめ

本記事では、コンデンサ側のシステムを構築するにあたっての導入経緯を紹介し、実際にLUXMAN C-800fとSTAX SRM-727Aを組み合わせ、SR-009で音を聞いた際の感想を述べた。

ダイナミック側とコンデンサ側のシステムが充実し、ヘッドホンオーディオは一旦終着点に達した。本システムの構築に至るまでネットの情報を頼りに、時には量販店へ足を運び試聴を行った。一般のオーディオに特化した店舗は敷居が高く、店員とのコミュニケーションが密に図れなければ私のようにネットで自ら情報収集を行うしか方法はない。

今後はスピーカーへ目を向けていくことになるが、導入に至るまではまだまだ時間を要する見込みである。パワーアンプやスピーカーの知識もまだ無いため、引き続きオーディオに関しての情報収集は行っていく予定である。

 

P-700uの電源ケーブルをJPA-15000に変更した

f:id:umauma2011:20170520110105j:plain

1.はじめに

現在は、以下のような構成で音楽を聞いている。*1f:id:umauma2011:20170520111116p:plain

この中で1番性能を上げやすくする手法としては、ヘッドホンを変更する事と電源ケーブルを変更する事である。

今回は、電源ケーブルの中でも評判の良いLuxmanJPA-15000を購入したので導入した効果を述べる。なお、電源ケーブルと同じメーカでありヘッドホンアンプであるP-700uに適用すれば、1番音質向上の効果が得られると思われるため、記事内ではJPA-15000をP-700uに接続した際の感想を述べる。

 

2. 試聴環境

PC -> HP-A8 -> DA-06 -> P-700u(電源ケーブルJPA-15000適用)

使用したヘッドホンはT1 2nd GenerationでP-700uにアンバランス接続。

再生ソフトウェアはfoobar2000。音源はどうぶつビスケッツ×PPPの「ようこそジャパリパークへ」(FLAC48kHZ)。

f:id:umauma2011:20170520114609j:plain

 

3. JPA-15000導入の所感

P-700uにJPA-10000を接続した際と比較すると、JPA-15000では音量ダイヤルが同じでも全体的に音のダイナミックさが向上している。では、JPA-10000の音量を上げればJPA-15000の音と同じかと聞かれれば違う。ダイナミックさに加えて音の深みや質感の向上も感じられた。JPA-15000を接続した後にJPA-10000で聞いてみると、音が単純にノッペリ気味に聞こえてしまった。

以前P-700uとTA-ZH1ESを比較した際、「P-700uは飛行機に乗っている感覚」と表現した。

JPA-10000からJPA-15000に切り替えた際の気持ちの感覚としては、リージョナルジェット機からボーイングの大型ジェット機に乗り換えたような感じである。迫力とダイナミックさがJPA-15000の武器であると感じた。

 

次に、実際に曲を試聴していく中で大きな変化を感じた点について述べる。

今回試聴した「ようこそジャパリパークへ」では、曲の中でよくシンバルがリズムを刻んでいる。JPA-10000ではこのボーカルの裏で鳴っているシンバルが、なんとなく表現されていたがJPA-15000ではしっかりとシンバルの余韻まで鳴らしてくれた。具体的に書けば、

JPA-10000のシンバル「ツーツーツー...」

JPA-15000のシンバル「ツァァツァァツァァ...」

といったような感じである。

 4.まとめ

今回は、電源ケーブルJPA-10000からJPA-15000に切り替えた際の違いと、試聴して感じたことについて述べた。

ケーブルに高額なお金を出したことはなく、今現在構成しているアナログケーブル類は全てBELDENで統一している。唯一電源ケーブルは音への変化が起きやすいと言われていたが、その変化を感じることが出来た。

ヘッドホンにおいてまずは安価で音の違いを楽しみたいのであれば、コントロールアンプの導入よりも電源ケーブルから着目してみても面白いと感じた。

*1:LS-X0iはXLRセパレータで将来的にコンデンサ型のシステムと繋ぐ。

水樹奈々さんのハイスピード系なオススメ曲10選

1. はじめに

私はBPMが高い激しい曲が好きで良く聴いている。

今回は水樹奈々さんの曲の中から、個人的によく聴く「BPM高め+激しい曲」を10つ選び抜いたものを紹介する。

基準としては、スピードが速く、ボーカル以外に多くの音が付与されたハイテンションな曲を意識している。

なお、曲の紹介順については特に意味はない。

 

2. 10選

- Synchrogazer

突き進むかと思いきや、一呼吸置いてタメた後のサビが良い。歌詞が凝縮されており、聴いていて飽きず曲自体に集中できる。

Synchrogazer

Synchrogazer

 

- Vitalization

多くの音が付与されたハイテンションな曲とまさに合致。

Vitalization

Vitalization

 

- Exterminate

リズムの刻み方が心地よい。サビはSynchrogazerと同じく一呼吸置いているが、それとはまた違う形でサビに入る所がよい。

Exterminate

Exterminate

 

- GLORIA

ボーカルの後ろでリズムを刻む「ドンドン」が非常に印象的。テンポを創り上げている時もあれば、曲の盛り上がりに対応して急かす場面もあり、聴いていて飽きない一曲。

GLORIA

GLORIA

 

- 禁断のレジスタンス

曲中のフルートが心地よいが、それだけではなくI wanna fly(ハァイ) Fly(ハァイ)がよい。

禁断のレジスタンス

禁断のレジスタンス

 

- VIRGIN CODE

ハイスピードといえばこの曲である。とにかく奈々様最高峰の速さを求めたい方へ。

VIRGIN CODE

VIRGIN CODE

 

- 恋の抑止力

ピースウォーカーで遊びたい!友達と!いるよ!望むならいるよ!

曲の感想としては最後の畳み掛けがよい。

恋の抑止力

恋の抑止力

  • PAZ(Character Voice:水樹奈々)
  • サウンドトラック
  • ¥150

 

- LINKAGE

曲の裏で随所に登場する( ゚д゚)アァァがよい。これにより、トラスティベルの「Leap the precipice」をやや彷彿とさせる曲。

LINKAGE

LINKAGE

 

BRIGHT STREAM

これまで紹介してきた曲の中でも落ち着いた正統派の曲という印象。

BRIGHT STREAM

BRIGHT STREAM

 

- SCARLET KNIGHT

 間奏が全てを物語る曲。自身にとってオーケストラ*合唱が至高なのかもしれない。

SCARLET KNIGHT

SCARLET KNIGHT

 

3. まとめ

自身が良く聴く水樹奈々さんのハイスピード系な曲を10つ明らかにした。

この中で紹介した曲以外でもたまに聴いているのは「終末のラブソング」「ROMANCERS' NEO」「アヴァロンの王冠」「Sacred Force」辺りである。

他にも多くの名曲が存在する。皆様も幅広い奈々様ライフを送っていただきたい。

2017春のヘッドフォン祭でSTAX SRM-T8000を聴いた

f:id:umauma2011:20170429160343j:plain

1. はじめに

2017年4月29日(土)、春のヘッドフォン祭に行った。

中野サンプラザ11FのSTAXブースにて、SR-009とSRM-T8000の組み合わせで試聴した。

今回は、前回の記事で述べた内容を踏まえながら、試聴した感想を述べる。

umauma2010.hatenablog.com

 

2. 所感と質問事項

試聴した限りではサラサラ感というよりも、本当に綺麗な温もりのある音が聞こえた。

曲の中でヴァイオリンの音が何回か聞こえてきたが、帰りの電車内でも耳にその音が残るくらいの印象的な音が感じられた。透き通った音なのか、奥行きのある音なのか非常に言葉では言い表せない深い音だった。

SRM-727ASRM-007tAと比較しても個人的にはSRM-T8000に軍配が上がった。

SRM-T8000は音の綺麗さだけではなく、全体的に透き通った音とパワフルな音をバランス良く鳴らしている印象を持った。

会場には、STAXの技術部長さんがいらっしゃったので、いくつか質問をさせていただいた。

・ナンセンスな質問かもしれないが、SRM-T8000はSR-009をベースに開発されたのか。(私)

SR-009をはじめ、STAXのイヤースピーカ全てを網羅できるような開発を行った。(STAX)

 

SRM-T8000は真空管を2本用いているが、メンテナンスの間隔としてはSRM-007tAと同様と考えて良いか。(私)

これまでと同様に本製品も定期的にメンテナンスいただきたい。(STAX)

 

SRM-T8000に搭載される予定のオプションスロットについて概要を教えていただきたい。LINEの入力端子が2つ追加される予定なのか。(私)

DAC、もしくはフォノイコライザを追加するかもしれないがまだ正式には決まっていない。長いスパンでSTAX製品を使用いただきたいという思いがある為、このスロットを導入した経緯もある。(STAX)

 オプションスロットの価格はどれくらいになるか。(私)

  こちらもまだ正式には決まっていない。(STAX)

 

3. まとめ

SRM-T8000を試聴し、前回気になっていた内容についてヒヤリングした。

試聴前はSRM-727Aを導入する思いが強かったが、今回の試聴結果でまた大きく印象が変わった。

ヘッドホンアンプとしてP-700uとTA-ZH1ESを結局両方購入したという経緯もあり、まずはSRM-727Aを所持した後で、状況を見ながらSRM-T8000の購入へ踏み切るといった選択肢もある。

STAXの開発部長さんは製品に対して非常に熱意がある方で、こちらも真剣に製品の導入を検討しようと考えた。

STAXブースにて試聴後にアンケートに答えると、STAXのバッグとパンフレット一式やロゴ入りのペンをいただけるので是非一度、2017春のヘッドフォン祭にて試聴いただきたい。

 

STAX(スタックス) 静電型イヤースピーカー SR-009

STAX(スタックス) 静電型イヤースピーカー SR-009

 
STAX ドライバーユニット SRM-727A

STAX ドライバーユニット SRM-727A

 

 

SRM-727AとSRM-T8000、どちらを買うか

f:id:umauma2011:20170428002802j:plain

1. はじめに

2017/4/28の昼頃、SATX SRM-T8000が発表された。

現時点でトップモデルのSRM-T8000と、これまでSTAXのドライバとしてハイエンドであり続けたSRM-727Aについて簡単な印象を述べる。

 

2. SRM-T8000の印象

 

これまでのドライバと比較して圧倒的に綺麗な音を追求している印象。ノイズ除去や音質劣化を防いだ構造になっている。

また、拡張用のオプションスロット(LINE4の下、ネジで止まっている部分)が存在し、トップモデルとして徹底的かつ拘り抜いた製品であると感じた。

f:id:umauma2011:20170428003723j:plain

STAXから新たなトップモデルドライバが発表されると噂されていた時、半導体式/真空管式か議論があったが、最終的にハイブリッド型という形となっている。

また、中身がぎっしり詰まっているという話もあったが、実際に中身を見ると盛り沢山で、未知なる音質を秘めているような雰囲気を感じる。

 

3. SRM-727Aとの印象

個人的には、真空管のメンテナンスが定期的に必要なSRM-007tAは購入対象から外れていた。また、SRM-727Aのしっかりした音が好みであったため、出力段が半導体型のSRM-727Aを軸として購入を考えていた。

SRM-T8000は、新ドライバも半導体式で...と思っていた部分もあったが、初段に真空管を用いており、更にオプションスロットが用意されていることから、SRM-007tAと同様に維持が大変になりそうな感じはある。

価格の面においては、予想を超える値段設定でSRM-T8000は60万を超えており、SRM-727Aの価格の5倍ほどはある。

なお、SRM-T8000ではオプションスロット使用時と未使用時で消費電力に差があるが、こちらについては「音」が聞ければ良いと思っているので特に気にしていない。

これとは別で、SRM-727Aではボリュームパスが可能だが、SRM-T8000もダイレクトモードが搭載されている。個人的には安価な方のSRM-727Aに別のプリアンプを接続して音質向上を図ってみるのも面白いと思っている。

実現する可能性は限りなく低いが、例えばAccuphaseのC-2420またはLuxmanのC-800fをセカンドユーザとして購入し、それにSRM-727Aを接続する構成にした場合、新品でSRM-T8000を購入するよりも別な楽しみがあると思っている。

しかしながら、やはりトップモデルとしての興味も薄れることがなく、欲張ってプリアンプとSRM-T8000を組み合わせてみたいという思いもある。

現時点では、メンテナンス性を考慮しない「SRM-727A」を購入対象として見ているが今後自分の中で方向が変わるかもしれない。

従って、最終的には以下の図のような構成にしたい。ダイナミック型の構成は既に完成しているため、新たに追加する部分は右の構成部分である。DA-06から受け取ったバランスでのアナログ信号をLS-X0iで随時切り替える方式にしている。

しかしこのような構成だとプリアンプ導入により、接点が多くなり音質劣化のリスクが考えられる。最適化の必要があると考えている。

f:id:umauma2011:20170514193324p:plain

 

4. 今後に向けて

実は今回の発表に向けて、STAX SR-009を購入している。

STAX(スタックス) 静電型イヤースピーカー SR-009

STAX(スタックス) 静電型イヤースピーカー SR-009

 

従って、いずれは必ずSRM-T8000 / SRM-727Aのどちらかを購入することになる。

どちらも2017/4/29・30に開催される「春のヘッドフォン祭」に展示される予定のドライバであるため、もちろん自身としても現地へ聴き比べに行く予定である。

当日は、

SRM-T8000とSR-009との相性

SRM-T8000に搭載されるオプションスロット

・メンテナンス頻度

を念頭におくつもりである。

なお、ヘッドフォン祭でSRM-T8000を聴いた際の印象については、再度記事として述べる予定である。

実際に現地でSRM-T8000を聴いてみて、これまでに無い衝撃を受けることを期待する。

 

⇒2017/4/29 追記)実際に行ってきた

⇒2017/6/10 追記)  実際にSRM-727Aを導入した

HTMLを覚えたての人が作るホームページにありがちなこと10選

f:id:umauma2011:20170424235329p:plain

1. はじめに

私はHTMLをはじめてから12年、CSSjavascriptを本格的にはじめて1年が経つ。

現在は無茶なコードを書きながら流行りのデザインを取り入れ「表面上は見栄えの良い」サイトを作成している。

最近はマテリアルデザインやレスポンシブWEBデザインなど、技術の発達とともにお洒落なサイトが増えてきたが、今回はそれに反して「HTMLをはじめたての人がホームページを作った時にありがちなこと」というテーマでお洒落なデザインを紹介するのではなく、10年以上前によく見掛けたダサいページに必ずと言っていいほど存在したページのデザイン例を10個紹介していく。

もちろん私も、HTMLをはじめたての頃は当時流行っていたYahoo!ジオシティーズでアマチュア感丸出しのサイトを作成していた。もちろん現在は当時作成したホームページを見ると広告まみれである。

 

2. ありがちなこと10選

さっそく、いくつかの「ありがちなこと」について述べていこうと思う。内容は箇条書きや実際にHTMLで紹介していく。

① とりあえず利用規約のリンクを作る

・荒らしはやめてください。荒らし禁止という規約を設けたがる

・当ホームページはリンクフリーです。と、誰もリンクしないのに一応書いておく

・<CENTER> <BR>を多用する。

・一応ホームページのバナーを作っておく

 

② 「◯◯のホームページにようこそ」を左右にスクロール

・HTML界のHello Worldと私は呼んでいる

◯◯のホームページにようこそ

 

③ 至るところが工事中

メニュー 工事中
利用規約 工事中
リンク集 工事中

 

キリ番ゲッターを作る (掲示板で報告は強制)

・トップページに「キリ番の方は掲示板で報告してください」と促す

・結局自分がキリ番を踏んで自演自作みたいになる

 

⑤ スタートページに設定、お気に入り登録ボタンを設置

・とりあえずHTMLの便利な機能を詰め込んでいく。

GoogleやYahooの検索窓を設置しておく

・使わないけどとにかくぶち込んでおく

 

隠しページを作る

・トップページの背景を白に、かつリンクの色を白にするとページのどこかを選択しない限り表示されなくなる。誰かが見つけてくれれば、という期待を込める

隠しページのリンク先は大抵クオリティの低いコンテンツかチャットルーム

・◯秒後にジャンプします ←不要

 

⑦ お問い合わせフォーム

・テキストボックスに文字を入力して送信ボタンを押すと何故かOutlookが立ち上がる

XSS未対策など、とにかくガバガバな仕様

 

⑧ 画像にマウスカーソルを載せると画像が震えたり別な画像に切り替わる

・やたらと特殊効果をつける

・画像をクリックするとミニゲームがはじまる場合がある

 

⑨ 掲示板設置

・放置してると出会い系の書き込みで埋もれるという事態に

・途中から自分の日記を書きはじめる

 

⑩ サイトを開くと音楽が流れる

・最強な機能。最も不要

・BGMはネットから拾ってきたMIDI

 

3. まとめ

本記事では、HTMLを覚えたての人がホームページを開設した際にありがちな10個の例を示した。

不用意にJavascriptを埋め込むと、危険なサイトとして認識されてしまうため、具体的な例が少数となってしまったことをお詫びする。

最近では、非常に分かりやすい本やサイトを参考にしながら自分でサーバをたてたり、CSSを駆使して綺麗なホームページを作成している方が多くなってきたように思う。

その中で今回挙げた例で応用できそうなものは「お問い合わせフォーム」くらいだろうか。

WEBデザインも年々変化していくので、トレンドを押さえながら美しくシンプルなページを作成していきたいものである。